top of page

子供にスポーツを教える指導者に言いたいこと



みなさんこんにちは!

ささのうち整体院です!


本日はいつもと少しジャンルが違いますが子供にスポーツを教える指導者に思うことがあったので少しお話したいと思います。


まず指導者の方に言いたいのは、


「その子の人生に責任持てますか?」です。


何を急に大げさな話をしてと思うかもしれませんが、特に高校生までのスポーツをしている子供において良い指導者と出会えるかは非常に重要になってきます。


技術云々もそうですが、精神面、身体のケアなど成長期の子供にとってはとても大切になってきます。


当院にも小学生~高校生までの子供さんも来ていただいてますが、正直筋肉が硬すぎます。

そして姿勢も悪い。


小学生、中学生にオーバーワークをさせる必要があるのでしょうか?


高校生なら高校で目一杯やって引退しようと思っているという子もいるでしょう。


しかし中学生をピークに持っていこうと思っている子供はなかなかいないと思います。

むしろ小中学生の時に怪我をしたことで高校で諦めなければならなかったという子供の方が多いのではないでしょうか?


野球経験のある親御さんや指導者の方は私感ですが技術を指導することには長けていると思います。しかし身体のケアという部分ではどうでしょう?


練習の中に身体のケアは含まれていますか?


準備体操は流れでやっていませんか?


ストレッチ家でやっておけよ!で済ませていませんか?


大人でも家でストレッチをするように伝えてもほとんどの方が継続できません。


なのに子供ができると思いますか?


高校生くらいになると自分で考え、調べてケアなどをする子もいます。


しかし、大半の子はケアを後回しにしていると思います。


そして怪我をしてからケアの重要性に気づく。


それだと手遅れになる子もいますよね?


だからこそ子供に教えている指導者の方にケアを重要視していただきたいです。


人に教える立場ならば一生勉強していかないといけないと思っています。

その中に身体のケアの勉強も取り入れて頂けると幸いです。


最後までご覧いただきありがとうございました。


三重県の尾鷲市、熊野市、御浜町、紀宝町、和歌山県の新宮市で整骨院・接骨院・整体院をお探しの方はぜひ「ささのうち整体院」にお越しください!





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page